VOICE02 -Yusaku Arts Works-
アイルワースのモナ・リザ  ‐もう一枚のモナリザ‐
アイルワースのモナ・リザ  ‐もう一枚のモナリザ‐


皆様は昨年の夏頃に話題となったアイルワースのモナ・リザをご存知でしょうか?


実は物凄く注目して、その動向を見ておりました。

c0204791_184496.jpg


ちなみにアイルワースのモナリザが来日した「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想展」には、どうしても行く事ができませんでした。

うーん、悔しい。

ところで。

前回のブログ記事を観覧してくださった方で「あれ?」と思われた方は居られませんか?

実は「宮原 勇作的 絵画史上最も美しい女性は誰か?vol.2」の見出しの写真に使わせてもらった

写真こそ、アイルワースのモナリザの目の部分なのです。

そう。若いのです。

びっくりですね。
c0204791_1815225.jpg


アイルワースのモナリザの経緯は、こんな感じです。

---------------------------------------------

イタリア・ルネサンス美術の巨匠レオナルド・ダビンチがもう1枚の「モナリザ」を描いていたとする鑑定結果をスイス・チューリッヒ(Zurich)
のモナリザ財団(Mona Lisa Foundation)が発表したというのです。
パリのルーブル美術館に展示されている「モナリザ」より10年ほど前に描かれた未完成作で、ダビンチ本人による作品だと確認できたとしている。

2012年9月28日 朝日新聞より抜粋


1913年にアートコレクターのヒュー・ブレイカーがサマセットの貴族の家からこの絵を発見し、ロンドンのアイルワースにあるアトリエに運び込んだ。
この絵は第一次世界大戦中に安全な保管場所を求めてアメリカへ渡り、戦後になってからイタリアで調査が行われた。
1960年代にアメリカ人のヘンリー・ピューリツァーが購入し、絵をスイスの金庫に保管するとともに、「モナ・リザはどこにいる?」という
タイトルの本を自分の会社であるピューリッツァー・プレスから出版し、この絵こそレオナルドが描いたリザ・デル・ジョコンドの肖像画だという説を唱えた。
ピューリツァーの死後も絵はしばらくの間金庫におさめられたままだったが、2008年に匿名の財団が購入している。
レオナルドが2枚のモナリザを描いたという説は16世紀から語られていた。
ピューリツァーをふくめこの絵をレオナルドの作とする人間が依拠しているのは伝記作家ヴァザーリである。
彼はレオナルドが1503年にモナ・リザを描き始め、未完成のままに終わったと書いていたのである。
さらに同時代の画家ラファエロがモナ・リザをスケッチしており、それにはルーブル版のモナ・リザにはない円柱が描き込まれていたことも真作説を補強する材料となった。


Wikipediaより抜粋
---------------------------------------------

僕が二枚のモナリザを見比べて感じたこと。
c0204791_1853570.jpg


それは「アイルワース版モナリザ。これはダ・ヴィンチの作品ではない気がする」という印象でした。

モナリザの模写として他者(弟子?)によって描かれたものではないでしょうか?

そして、そこに作者の願望や好奇心が投影された感じがします。

「もしモナリザが若かったら、どのような容姿で、どのような微笑みを見せていたのか?」と

そして「若く、つややかな肌と健康的な唇の色をもったモナリザを見てみたい(描きたい)という作者の願望。

その表情を見ていても、ホッとする何かがあります。

安らかな、優しい顔のモナリザです。

優しく美しく、そして若い。

この絵を描いた人は間違いなく男性ですね。

それもダ・ヴィンチのような美男子好きの男性ではなく、女性が大好きな男性によって描かれているのでは?と感じます。

ダ・ヴィンチは、女性に対して優しく、美しく、若くという理想像を持っていたでしょうか?

どちらかというと、女性を母性的に(もしくは、さめた目で)描いていたように感じます。

c0204791_1883866.jpg


もしこれがモナリザのモデルとなったジョコンダ婦人の若かりし頃が描かれていなかったとしたら、大変な技巧もって描かれた名画と思います。

500年前にスフマート(煙・霧の意)という技法を編み出したレオナルド・ダ・ヴィンチ。

更にモナリザ以前に描かれたとされるアイルワースのモナリザ。

技法は非常に精緻(せいち)であり、スフマート技法によって描かれた絵画に間違いはないと思います。

でもこれは残念ながら「精巧な贋作」に部類するものではないか?と僕は思います。

僕の根拠は手の輪郭と陰影の処理。

顔の陰影の付け方(特に目の周辺)はダ・ヴィンチの作かと思わせるものを感じます。

しかし手の陰影や輪郭線、あごから首にかけての影の落ち方。

またダ・ヴィンチがとても大切にしたと言われている、空気感・空間感の処理に違いがないでしょうか?

「黒の使い方」も違う気がするのです。 

そしてダ・ヴィンチ独特の陰影の捉え方と異なるような・・・。


一作目だから技巧的には少し未完成なところがあっても…。 という考えもあるでしょう。

でもこの絵はダ・ヴィンチとは違う感覚を持った人間の作だと感じます。

正に「似て非なるもの」という言葉が当てはまります。

そういう目で見れば、「ダ・ヴィンチになりたかった誰かの作」という考えもあると思います。

その考えでしっくりくるのは弟子の存在ですが、それにしては精緻過ぎる気がするし・・・。

c0204791_1812714.jpg


裏腹に聞こえるかもしれませんが。

僕はアイルワースのモナリザが本当にダ・ヴィンチの作である決定的な証拠が出て来たら、もっと面白いのに思います。

例えば、筆先を使ってキャンバスに色を置いたダ・ヴィンチが、その色をぼかす際に付けられたダ・ヴィンチの指紋とか。

もしこの絵がダ・ヴィンチの作であれば、

「気難しく」 「美男子好きの」 「孤高で万能の天才」という少し硬めの人物像が大きく変わります。



さて話題を戻し。

この絵は大変美しい絵です。そして驚嘆すべき技術の高さがあります。

でもダ・ヴィンチとは何か違う気がするのです。


皆様はどのようにお感じでしょうか?


最後になりましたが、これはあくまで私的な意見であり、また実物を見ていない者の意見ですので、

その点は、どうぞ聞き流す程度に聞いてやってください。

いずれにせよ、ダ・ヴィンチの新たなミステリーが生まれて嬉しいです。


次回の記事もダ・ヴィンチを取り上げてみたいと思います。
[PR]
by yusaku_voice | 2013-01-14 18:37 | Comments(2)
Commented by ななし at 2013-10-05 19:51 x
ダ・ヴィンチはモナリザを2枚描いたそうですが、最近プラドのモナリザがそのうちの一枚である可能性が高いといわれています。
アイルワースのモナリザはモナリザ財団が本物と発表しましたが。
個人的にはアイルワースのモナリザは可愛いな、という印象で、すきなのですが(笑)。
ただ、ジョコンダの年齢からするとこのアイルワースのモナリザが最も信憑性があるように感じます。絵を依頼されて何年も自分で持ち歩くということはしないはずで、一枚目を描き、2枚目は聖母としてのモナリザを描いたように思います。
Commented by yusaku_voice at 2013-10-09 23:13
ななし さんへ

コメントありがとうございます。
嬉しいです。
返信が遅くなってごめんなさい。

確かに議論をかもすだけあって、信憑性もあり、年代的な一致もあるのが「アイルワースのモナリザ」のミステリーなところですね。

僕もとても好きですよアイルワース版モナリザ
美人ですもんね。

レオナルドダヴィンチという人は何人も居たのでは?と思うくらいに奥深いミステリーですね。

僕は、ダヴィンチの、その辺が好きなのかもしれません。

聖母としてのモナリザ

誰もが知るモナリザは、正にそんな感じですね。
怖い、不気味、そんな感想も、案外外れていない気がします。

それに比べてアイルワースのモナリザは華やかですね。
綺麗なお姉さんという感じがします。

アイルワースのモナリザはダヴィンチの作品か?
この謎は解明されるのでしょうか?

今後とも注目ですね。
コメントありがとうございます。
<< あなたは誰ですか?  ‐最後の... 絵画史上最も美しい女性は誰か?... >>



宮原勇作の絵画制作を伝えるブログ
by yusaku_voice
最新の記事
無人駅舎ギャラリー化計画13..
at 2017-10-31 01:53
無人駅舎ギャラリー化計画12..
at 2016-11-21 00:40
宮原勇作オリジナルカレンダー..
at 2016-11-17 23:38
無人駅舎ギャラリー化計画12
at 2016-11-15 22:12
無人駅舎ギャラリー化計画11..
at 2015-11-07 19:24
無人駅舎ギャラリー化計画10..
at 2014-12-14 21:10
感謝‼
at 2014-12-10 00:12
2015年版 宮原勇作カレン..
at 2014-12-09 23:49
無人駅舎ギャラリー化計画10..
at 2014-12-04 23:13
宮原勇作オリジナルカレンダー..
at 2014-11-26 23:09
宮原勇作オリジナルカレンダー..
at 2014-11-20 20:28
無人駅舎ギャラリー化計画10..
at 2014-11-17 23:37
宮原勇作カレンダー2015 ..
at 2014-11-08 23:46
4月 新たな旅立ちの季節  ..
at 2014-04-13 16:13
無人駅舎ギャラリー化計画9 終了
at 2013-12-27 22:30
無人駅舎ギャラリー化計画9 ..
at 2013-11-11 22:00
宮原勇作カレンダー2014 ..
at 2013-11-02 16:08
宮原勇作オリジナルカレンダー..
at 2013-10-24 23:13
宮原勇作オリジナルカレンダー..
at 2013-10-22 23:26
Miyahara Yusak..
at 2013-10-19 22:58
Miyahara Yusaku
・・・・・・・・・・・・・・・・・
1979年生まれ
滋賀県在住
・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮原勇作のHP

トップページはこちら。

http://yusaku.dee.cc/

作品紹介はこちら。

http://yusaku.dee.cc/gallery.htm

リンクはこちら。

http://yusaku.dee.cc/link-new.htm

E-mailはこちら。

http://yusaku.dee.cc/mail.htm

ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧